社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ
センター紹介総合リハビリテーションセンター


急性期リハビリテーション(他のセンター病棟でのリハビリテーション)

心臓・大血管疾患のリハビリテーション

 かつては心臓病を持つ方は安静を保ち運動は控える…というのが一般的でした。
しかし、現在では心臓病に運動療法は欠かせないものに変わってきています。
  心臓リハビリは、運動療法・教育・カウンセリングおよび生活習慣の見直しから成る、包括的治療プログラムです。
ただ体を動かせば良いのではなく、
 @ 疾患の受け止めと理解、内服・外用している薬剤の理解
 A 適正な食事内容についての知識と日常生活における適切な運動の重要性
などを、ご本人とご家族に実践していただくことで、心疾患の改善・再発の予防、QOL(生活の質)の改善を目指します。
運動療法の内容としては、簡単なストレッチから、呼吸体操、腰痛体操、歩行運動、トレッドミル(歩行ベルト装置)、
自転車エルゴメーター、背もたれリクライニングつき自転車エルゴメーター(手でこぐ事もできます)などを適宜組み合わせます。
呼吸機能試験や心肺運動負荷試験(どのレベルの運動負荷が適切か呼気を計測して調べます)などを指標に、
その時の症状、体力体調に合った、適切で効率の良い個別プログラムを組んで実践していきます。
心臓リハビリによって次のような効果が期待できます。
 @ 筋肉や骨が鍛えられ、疲れにくくなるとともに、心臓の働きを助ける
 A 心肺機能が改善され、体力の回復を早める
 B 老化を防ぐ。動脈硬化を防ぎ、全身の血行が良くなり、代謝が亢進する
 C 血圧・血糖値が安定してくる
 D 高コレステロール値・高中性脂肪値が改善し、メタボリックシンドロームを防ぐ
 E 呼吸が安定し息切れが減少する。自律神経が安定し、動悸・不整脈が減少する
 F ストレスが解消され、充実感・達成感を得ることができる
  循環器センターから心臓リハビリ処方があった場合には、当センターで個別リハビリ計画をたて訓練を提供し
主治医に報告します。リハビリを受けられるかたご自身の疾患に対する深い理解と、不安の除去、社会生活の質の向上が目標です。
何かご不明な点がありましたらお気軽に担当のリハビリスタッフに声をかけてください。

トレッドミル

  


はじめに  回復期リハビリテーション病棟 リハビリテーション科外来   急性期リハビリテーション リハビリテーション室
疾患別リハビリテーションと診療上限期間について リハビリテーション診療を受けられる皆様へのお願い ボツリヌス治療



受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ