社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ
センター紹介総合リハビリテーションセンター


回復期リハビリテーション病棟

病棟看護部からのメッセージ 

 回復期リハビリ病棟は、皆様がご自分で選んだ場所で生活を始めるための準備の場です。退院してからの「しきりなおした生活」をはじめるときにできるだけ困らないようにすることも目的の1つです。入院での集中リハビリで機能・能力が向上する時期は発症した日に近いほど効果的であるといわています。私たちは回復期リハビリ病棟での「二度と来ないこの時期・この時間」を大切に考えています。生活のために使える方法を新たに見つけて、今の状態でやって行けるという自信ができた時に初めてこの大変な病気を受け入れられると思っています。
 私たちは、現実を感じるこの時期の辛さを理解しつつ、皆様の希望や目標を前提とした、「具体的になりたい姿」を目標に、主役である皆様へサポーターとして看護・介護を提供します。そんな皆様とともに、私たち回復期リハビリ病棟看護師・介護福祉士が「していること」を紹介いたします。


回復期リハビリテーション看護部スタッフ行動指針


看護サービスの目的

私たちは「健康問題によって生じている課題(生活の不利益)を患者さんとご家族が自ら改善できること」と考えています。


看護サービスの目的


私たちの看護・介護の計画の視点と成果









 これらを 他の専門職との協働のもと実施いたします。皆さんそれぞれのご家庭の事情や家屋状況・ご家族が可能な介護方法を考えたトレーニングを毎日繰り返します。
 入院中に私たちが看ていたことは、退院によってご家族にバトンタッチします。私たちと一緒に「生活の仕切りなおし」を考えましょう。指導にあたり大切に思っていることは、御家族の自宅での介護量の見極めと具体的にできる介護指導をすることです。
 以上のことを安全で効果的にご提供できるように、入院から退院まで入院中の方々の一人ひとりに担当の看護師・介護福祉士がいます。担当者は看護計画・介護計画を責任持って皆様に御提案いたします。ご本人と御家族と私たちは同じ目標とし、具体的な方法は提案に同意を頂いた上で実行いたします。

はじめに  回復期リハビリテーション病棟 リハビリテーション科外来   急性期リハビリテーション リハビリテーション室
疾患別リハビリテーションと診療上限期間について
リハビリテーション診療を受けられる皆様へのお願い ボツリヌス治療



受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ