社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ
センター紹介外科・腫瘍治療センター


痔核(いぼ痔)の治療について

日本人の3人に1人は痔で悩んでいるといわれています。
痔には大きく分けて「いぼ痔(痔核)」、「切れ痔(裂肛)」、「あな痔(痔ろう)」に分けられていますが、それぞれ症状は異なります。
   
おしりの血行が悪くなり、血管の一部が
こぶ状になった状態です
肛門の皮膚が切れたり裂けたりした状態です 肛門の周りに膿がたまって、外に流れ出る
トンネルが出来た状態です

痔の患者さんの中でもっとも割合が高いのは「いぼ痔(痔核)」です。
いぼ痔はさらに、直腸側にできる「内痔核」と肛門側にできる「外痔核」に分けられます。

外科・腫瘍治療センターで採用している内痔核の治療


 当センターでは、排便時あるいは普段からイボが出たままになっているような「脱出を伴う内痔核」に対して、切らずに注射で治療する「ジオン注射療法」を行っております。痔核を切り取る手術と違い、痔核の痛みを感じない部分に注射するため、「傷口から出血する」、「傷口が痛む」といった患者さまの身体的・精神的な負担が軽減されます。  また、入院期間も短縮でき、社会生活への早期復帰が期待できます。


 ※ すべての内痔核の患者さまに適応になるわけではありませんので、詳細は外来受診の上、
   説明をうけてください


ジオン注を使用した注射療法

   投与後の早い時期に痔核へ流れ込む血液の量が減り出血が止まります。 脱出の程度も軽くなります。
 投与した部分が次第に小さくなり、引き伸ばされていた支持組織が元の位置に癒着・固定して脱出がみられなくなります。

ジオンはどんな薬?

 
 有効成分は硫酸アルミニウムカリウム水和物とタンニン酸というものです。
 痔に流れ込む血液の量を減らし、 痔を硬くして粘膜に癒着・固定させる作用があります。

 硫酸アルミニウムカリウム水和物 出血症状や脱出症状を改善します。
タンニン酸 硫酸アルミニウムカリウム水和物の働きを調節します。

※有効成分である 硫酸アルミニウム・タンニン酸の成分名を略して「ALTA療法」といいます。


実際の手術の流れ


@ 肛門周囲への麻酔か、下半身だけに効く麻酔を行い、肛門周囲の筋肉を緩めて注射しやすくします。 
A ジオン注を、ひとつの痔核に対して4か所に分割して投与します。複数の痔核がある場合には、それぞれに投与されます。
B 投与後しばらく点滴を続け、麻酔の影響がなくなるまで安静にします。

ジオン手術について(Q&A)


Q.排便はいつから?
   A. 排便は翌日から可能です 痛みをこわがって我慢しないようにしましょう
Q.仕事復帰は?
  A. 数日間はできるだけ安静にしましょう 力仕事、冷え、長時間同じ姿勢は避けましょう



外科・腫瘍治療センターのご紹介 手術実績 下肢静脈瘤治療について 痔核(いぼ痔)の治療



受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ