社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ

部門紹介

 

■ 看護部のご紹介



学会発表

平成29年
10月 第59回全日本病院学会in石川
平成28年
6月 第21回日本緩和医療学会学術大会 e_poster発表
平成27年
6月 第20回日本緩和医療学会学術研究大会 示説発
  第9回対人援助スピリチュアルケア研究会学術研究大会 シンポジウム

第59回全日本病院学会in石川
 第59回全日本病院学会in石川にて、『「重症度、医療・看護必要度とDPC情報システム」を活用した入退院支援の有用性の検証』というテーマで発表させていただきました。 今回学会に参加したことで、当院の取り組みが先駆的な取り組みであったことが分かりました。多数の研究発表から得た学びを、当院の入退院支援に活かしていきたいと思います。
入退院支援室  加瀬史代


 第59回全日本病院学会in石川
 院内感染は、正しく、タイムリーにしっかりと実践することが必要です。そしてさらに重要な事は、医療職・一般職に関わらず、全員が同じ対策を、どのような場面でも同じく実践できることが重要です。この実践を今後も続けていき、院内感染の予防に努めたいと思います。
看護師 村山信子


 第21回日本緩和医療学会学術大会 e_poster発表
 疼痛を的確に評価することは、疼痛の緩和に向けたケアにとても重要です。今回の研究により、カンファレンスを活用し、多職種で評価することが疼痛緩和に向けた第一歩になることが分かりました。この研究を通し得た学びを活かし、今後も疼痛マネジメントの充実に向けて取り組んでいきたいと考えています。
看護部 川人直子・山本早苗
・近藤ゆかり・三浦宣子

第20回日本緩和医療学会学術研究大会 示説発表
日本緩和医療学会とは、緩和医療・ケアに携わる医療者が集まる最大の学会で、1996年に第1回大会が札幌で開催されたことでも有名な学会です。 私は学会員として、厚生労働省委託事業である緩和ケア普及啓発委員を務めています。また、がん看護専門看護師としての日々の活動やチーム医療の実践を毎年報告するとともに、他施設の報告や研究を学ぶことで自己研鑽をするようにしています。 第20回の大会では、がん終末期の患者さまで腹水がありながらも治療やケアによって最期まで自立を支援することを目指した事例を発表しました。
看護部 吉田 奈美江・消化器センター 長岡 康裕 リハビリテーション部 渡邉 真樹・青木 景資

第9回対人援助スピリチュアルケア研究会

学術研究大会 シンポジウム
この大会は、時計台記念病院の医師が大会長となり、当院横のカレスサッポロビルで開催されました。私は、大会の副実行委員長を務め1年以上の準備を重ねたこともあり、とても印象深い大会でした。がんの終末期の方は身体的苦痛だけでなく、「自己の存在と意味の消滅から生じる苦しみ」であるスピリチュアルペインを抱えていることが多く、どうやってその苦しみを和らげ、軽くし、なくすことができるかについて「がん終末期におけるスピリチュアルケア」というテーマで開催しました。
午前のシンポジウムでは、シンポジストの一人として発表させていただき、ケアによって患者さんの苦しみが和らぐ過程やその特徴についてお話しさせていただき、他のシンポジストや会場の参加者の皆さまとも活発な意見交換ができました。
看護部 吉田 奈美江




|ごあいさつ・理念|部署紹介先輩看護師の声新人看護師の声教育体制研修風景学会発表

受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ