時計台記念病院
時計台記念病院

tel:011-251-1221
060-0031 札幌市中央区北一条東1丁目

部門紹介
 

当院のリソースナースのご紹介


リソースナースとは

 当院では、専門・認定看護師などの各領域の専門性の高い看護の知識・技術をもつ看護師が、リソース(資源)となるように医師・看護師・その他のメディカルスタッフと協働して、患者さん・ご家族のサポートを行い、取り組んでいます。
 また、院内外で質の高い看護が提供できるように、看護部リソースナース委員会を設置し、リソースナースが連携して組織横断的に多職種で協働できるような体制づくりと活動を行っています。

当院のリソースナース

皮膚排泄ケア認定看護師  竹腰 健美
 皮膚排泄ケア認定看護師はスキンケアを基盤とし褥瘡などの創傷、ストーマ(人工肛門・人口膀胱)、失禁(尿や便のもれ)により生じる問題を抱えた患者さまへのケアを専門領域とする看護師です。
 当院では褥瘡対策委員会をはじめ多職種と協働し、褥瘡発生の予防や褥瘡を有する患者さまが適切なケアを受けることができるよう努めています。
ストーマ造設予定の患者さまに対しては外来看護スタッフと協力しながら、術後の排泄管理や術後のボディイメージがつきやすいよう、入院前に外来でオリエンテーションを行えるように取り組んでおります。術後は患者さまと共にストーマケアを行いながらご相談に応じ、退院後も快適な日常生活を送ることが出来る様、サポートさせて頂いております。
 また、今年度より排尿ケアチームによる排尿自立支援を開始しています。膀胱留置カテーテル抜去後、下部尿路機能障害の評価を行い問題のある患者さまに対して、排尿自立を目指した活動を病棟スタッフやチームメンバーと共に継続して行きたいと考えております。

脳卒中リハビリテーション認定看護師  伊藤 実央

 脳卒中は突然発症することが多く、患者さんには麻痺・認知機能障害・高次脳機能障害等の後遺症を伴うことがあります。そして、患者さんのこれまでの生活は一変し生活の再構築を余儀なくされ、ご家族の生活も変化します。
 急性期・回復期・生活期にある患者さんに対し横断的に関わりをもち、他職種と協働することで多方面から患者さん回復の可能性を引き出し、新たな人生の支援を行っていきます。
 所属部署である外来では、継続的な看護の実践・退院前カンファレンスの参加を行い、院内活動では脳外科看護の相談・教育活動にも取り組んでおります。
 また、2021年度より排尿ケアチームによる排尿自立支援の活動を行っております。排尿ケアチームメンバー、病棟・外来スタッフと協力し排尿自立に向けて患者さんとご家族のご支援をさせて頂きます。


がん看護専門看護師 吉田 奈美江
 がん看護専門看護師は、がんの予防から診断、治療、緩和ケアが主体となる時期の患者さんとご家族、地域の方々に対して、院内外の関連医療職と協力しながら、がんの告知や治療、療養に伴うさまざまな身体的・心理的な苦痛や不安に対してケアの提供、相談、治療方針や療養場所を考えるための支援、入退院の支援などを行っています。
 治療に関することだけでなく、脱毛や皮膚のトラブル、リンパ浮腫などの外見のケアでお困りの方、がん治療中・治療後の性生活やセクシュアリティについてお悩みの方、治療と仕事の両立、職場復帰について一緒に考えてほしいという場合にもご相談いただけます。どうぞ、気軽にご相談していただければと思います。
 また、院内外の医療職者に対するがん看護教育も行っており、がん薬物療法やがんに関連する症状などの看護、緩和ケアなど、質の高いがん看護が提供できるような体制づくりに取り組んでいます。なかでもエンド・オブ・ライフ・ケアを系統的に学ぶことができる「ELNEC-Jコアカリキュラム」研修を毎年院内で開催しており、講義だけでなく、事例検討やロールプレイ、シミュレーションを通して双方向的に学べる場を提供しています。



PAGE TOP



時計台記念病院 TEL(011)251-1221 
札幌市中央区北一条東1丁目2-3

トップページ当院について外来のご案内入院のご案内交通案内医療関係の方info

Copyright(C)TOKEIDAI Memorial Hospital All rignt reserved.